コンテンツへスキップ

オイシサノトビラ編集部

「わたしの今日のご飯、悪くないな」そう思える瞬間を一人ひとりの中に増やしていくことをわたしたちは目指しています。あなたが今日、あなただけの「おいしい」記憶と出合えますように 

新着記事

「今日もていねいに。」の扉

「今日もていねいに。」の扉

エッセイスト、クリエイティブ・ディレクター、編集長、監督、CEO…。「子どものころの自分が、いまの自分を支えている」と話す松浦弥太郎さんには、いまやさまざまな肩書きがある。その人らしさの素をお届けするおいしさの扉では「考える」「おしゃ...

映像と記憶の扉

映像と記憶の扉

飾らない、素直に自分のことを話す人だなと思う。関西テレビ放送でドラマプロデューサーを務めるかたわら、CANSOKSHAの代表を務める佐野亜裕美さんのことだ。佐野亜裕美という名前を知らなくとも、プロデューサーとして彼女が携わったドラマの...

人と時間の扉

人と時間の扉

「自分らしい生き方」をしているという言葉がふさわしい、...

パリの空気の扉

パリの空気の扉

川村さんの取材メモは、「すごい」の一言に尽きる。それは...

本と生き方の扉

本と生き方の扉

10代から、いつも身近に本のある生活をしてきた木村さん...

花と世界の扉

花と世界の扉

都内に3店舗ある花に関連するお店、「エデンワークス」の...