コンテンツへスキップ

本と生き方

世の中の事や人の事を想い、本と人をつないでいく木村綾子さんと、彼女らしさの素をつくる、本から影響を受けた食事。

本と生き方の扉

文字に染み込む

文字に染み込む

書道家だった祖母は、自宅の離れで書道教室をひらいていた。おばあちゃん子だった私にとって最初期の記憶は、彼女に手をとられて自分の名前を書いた、墨の匂いの立ち込めるその部屋にある。 ものにはすべて名前がつけられていること。それを示すために...

文字に染み込む

文字に染み込む

書道家だった祖母は、自宅の離れで書道教室をひらいていた。おばあちゃん子だった私にとって...

寝ても覚めても、キュウリ

寝ても覚めても、キュウリ

流行りの風邪をひいて、すっかり参ってしまった。さいしょに喉の違和感があって、なんかへん...

甘やかな秘密

甘やかな秘密

生まれてはじめて一人きりで大きな街まで行ったときのことを覚えている。私の出身地は、静岡...

下北沢、ティッシュのナポリタン

下北沢、ティッシュのナポリタン

井の頭線下北沢駅西口を出てすぐの脇道を左に曲がって、50メートルほど行ったところに、そ...

言葉と本のチカラ

言葉と本のチカラ

──── 冬にスタートしたおいしさの扉も、春が過ぎ、まもなく半年を迎えようとしています...

その笑顔に惹かれる理由

その笑顔に惹かれる理由

「すごいねすごいね。こんな本、いったいどうやって作ったの!?」そんなふうに、はまじが言...

十七音の世界

十七音の世界

郵便局からの帰り道、たまらなくなって「くしゅん」とくしゃみをして立ち止まったところ、向...

領収書の観察

領収書の観察

先日、友だちとご飯を食べに行ったときのこと。すっかりお腹も満たされて、次行く場所へと気...

物語はつねに自分の外側に。

物語はつねに自分の外側に。

雪が降ると、「大人だなあ」といつも思う。 思うのが先か、じっさいにそう呟いてから思うの...

あなたにとって、記憶を共有できるご飯はなんですか?

あなたにとって、記憶を共有できるご飯はなんですか?

先日、久しぶり会った友人たちとご飯を食べていたときのこと。「これ見て。ほらこの絵本、覚...

最新記事をお届けします